二重にする方法

二重にする方法

ぱっちり二重や幅のある二重、二重は数ミリの違いで顔の印象がぐんとかわります。

今は整形してしまいましたが、押切モエさんも高校生の時はアイプチで二重をつくってましたよね。

メザイクなどのテープでの二重つくりや、つけまつげの接着剤のようなノリタイプまで二重をつくる方法はいろいろあります。

プチ整形で二重にするにはやはりリスクが伴うので、自分で二重をつくってしまうという人の方が多いです。

筆でサッと塗るだけで自然な二重を強力に作ります

ギャルのアイプチ的なのりでの二重つくりは手慣れたもので、すごく上手に作りますよ。

二重まぶたの作り方 自力

二重まぶたをつくるにはまずは癖づけをするのがポイント。
長期間アイプチなどを使っていて自然と癖がつき、二重の幅が調整できたという人もいます。

自力でやるのは根気が入りますが、若いうちから癖つけをしておくといいといわれています。
年齢とともにまぶたの皮膚も薄くなってくるので、さらに癖はつきやすくなります。

ただ、目の周りの皮膚はとても薄く、目の筋肉もとても薄いため、
あまりこすったり、アイプチなどのメイク落としを雑にしてしまうと、
目の皮膚や筋肉に負担をかけてしまうので注意しましょう。

目元は顔の皮膚の中でいちばん最初に衰える場所です。

無理にテープを付けたり、はがしたりと酷使しすぎないようにしましょう。

二重テープ


二重テープといえばメザイク。メザイクは使い切りのテープです。
ギャルが火付け役のメザイクですが、美魔女でも使っている人たちがいるみたいですね。

メザイクは使い慣れるまで失敗することがありますが、
慣れてくると簡単につけることができます。

写真で笑うと奥二重に見えてしまう人は写真を撮るときだけ、
二重テープを利用するっていう人もいます。

ギャルの読者モデルとかはこういうテクニックで二重の幅を調整してかわいくなってる人がいっぱいいますよ。

筆でサッと塗るだけで自然な二重を強力に作ります

  • SEOブログパーツ

seo great banner

ページトップへ