低用量ピル

生理不順の改善や計画的な避妊に低用量ピルが復旧しています。
低用量ピルは飲むことによって、コンドームだけでの避妊よりより安全で確実な避妊ができます。

低用量ピルの復仇によって望まれない妊娠を防げます。

低用量ピル 効果

パートナー、彼氏任せの避妊ではなく女性が積極的に避妊できるため、
お金は多少かかるものの、お金には代えがたい安心が得られます。

また、生理不順による心配や生理痛の軽減、生理のスケジュールのコントロールも可能となり、
より快適な生活が送れます。

ただし、低用量ピルを飲んでいるからといって病気は防ぐことができません。
コンドームの併用は結婚している人以外は必須といえます。

 

低用量ピル 値段

低用量ピルの値段は産婦人科や婦人科で処方してもらうと約1900円~3000円/1シートかかります。
低用量ピルの処方には血液検査や血圧検査も必要となります。

今は超低用量ピルという保険が効くピルもありますが、値段はさほど変わりません。
低用量ピルは海外では薬局などでも気軽に買えますが、日本では医師の処方に限り手に入れられます。

ただ、低用量ピルはのみなれたら、個人の判断で個人輸入で安く手に入れる人も多いです。
1シート1000円以下の低用量ピルもあり、安価で手に入るので、飲みなれたり、
使い勝手がわかっている同メーカーのピルなら個人輸入を利用してもいいかもしれません。

【低容量ピルの定番!】トリキュラー1年パック 12箱(合計252錠)【くすりエクスプレス】

  • SEOブログパーツ

seo great banner

ページトップへ