多汗症

多汗症とは、ワキや掌、足など局部に以上に汗を掻く症状です。
精神的なものや一時的な緊張による汗は多汗症とはいいません。

多汗症は精神的な以上ではなく身体的な異常です。
少し汗が多いという程度のものは多汗症ではありません。

多汗症 脇汗

脇汗や手の汗、ちょっとした運動や寒暖の激しいときの室内と外の気温によって汗がだらだらと流れる。

汗がひどくて服にすぐシミができる。

汗のあと、洋服が黄ばんだり、変色する。

デオドラントを付けてもいまいち効果が出ない。

そう感じたら多汗症かもしれません。
冬は多汗症でコートに染みができてしまったり、
ジャケットにシミ痕がついたりしてしまいクリーニング代もバカにならない。
下手したら汗染みって落ちないこともあるんです。

せっかくのお気に入りの洋服に汗じみがついておちなくなってしまったらかなり悲しいですよね。

 

多汗症を治す方法

多汗症を治す方法は病院にいっての治療が効果的といわれています。
わき汗にボトックスは有効といわれていますね。

ただボトックスは一時的なもので3か月持てばいい方。
その割には治療費が8万円くらいすることが多いので割高な治療とも思われますね。

保険が適用するのは交感神経切除手術というもので、わきの下を数ミリ切って、
手術を行うものです。入院するほどの手術ではないのですが、
万が一の副作用のリスクがあるのが心配です。

でもそんなあなたに朗報。自分で生活改善をするだけで多汗症を治せることがあります。
多汗症の原因も人それぞれですが、まずは当てはまるものがあったらチャレンジしてみてください。

久保田式多汗症改善7日プログラム

  • SEOブログパーツ

seo great banner

ページトップへ